脱毛サロンランキング夏が近づくと薄着になって、やっぱり気になるのはムダ毛ですね。
本来は摩擦や紫外線からお肌の保護をしたり、温度調整したりする役割のある体毛ですが・・・空調が効いて、服もたくさん選べるこの時代にはあまり活躍していないように思います。
ムダ毛処理というと、大きく分けて「自己処理」と「美容脱毛」に分かれます。

まずは自己処理の中でもトップのカミソリ。スーパーやコンビニにも売っていて、なんと言ってもお手軽なのが良いですね。
明日の着る服、足やワキが出てしまうな・・・という時にも前夜に自分で処理が出来るのは助かります。
3~5本で100円でも売っていて、経済的にも負担が少ないのもポイントです。
デメリットとしては、毛の表面が斜めにカットされてしまうため、毛が太くなったように感じたり、肌の表面が傷ついてブツブツしてしまったり、処理してもすぐにムダ毛が生えてきてしまうことです。
ちなみに電気シェーバーを使う場合、肌への負担が少ないのですが、深く剃れないのが悩みです。

次にピンセットなどの毛抜きについて。
こちらも家庭に1つはあって、お手軽なアイテムです。カミソリよりも深く細かく毛を処理出来るのですが、時間がかかってしまうことと、お肌を引っ張って毛穴を広げてしまうのか、処理後に1つの毛穴から2~3本生えてきてしまうことが多くあります。
眉毛の処理には向いていると思いますが、ワキや足、腕のムダ毛処理にはデメリットのほうが多いかも知れません。

そして最後は、毛を脱色して目立たなくする方法です。
ムダ毛は色が無くなれば確かに目立ちませんが、こちらの方法は肌への負担も大きく、次に生えてきた毛の色がとても目立ってしまうので、あまりオススメできません。

かわって、美容脱毛についてです。
一昔前までは、脱毛サロンやクリニックは高くて行きづらいイメージでした。
代表的な脱毛方法にニードル脱毛がありますが、とても歴史のある永久脱毛方とはいえ、その名の通り針を使った脱毛のため、「痛み」をかなり伴います。
費用面も高く、時間もかかってしまうため、忙しい主婦やOLさんには向いていないかも知れません。

他にレーザー脱毛がありますが、永久脱毛の夢を叶えたい!という方にはこちらがオススメです。
少しの痛みは伴いますが、ニードルの比ではありませんし、価格もお値打ちに受けられたりします。
回数も5~6回で終わる場合もあるそうです。なんと言っても医療機関で受けられるので、安心感が違いますね。

最後は光脱毛です。今は全国どこの美容脱毛サロンでも、こちらの方法が主流ではないでしょうか。
毛の周期に合わせて光を照射し、だんだん毛を細くして目立たなくさせていく方法です。
脱毛サロンの効果光の照射時間も短く、痛みもほとんど感じません。なんといっても価格がお値打ちで、回数無制限で数百円のキャンペーンを行っているサロンもたくさんあります。
脱毛が初めての人でも安心して通える、お得キャンペーンが盛り沢山の銀座カラーでも毎月嬉しいキャンペーンがやっているので、気軽に脱毛を始めることができます。
デメリットとしては、1回で効果が出るものでは無いため、3ケ月おきにサロンに通い、毛が目立たなくなるまで最低でも2年ぐらいかかってしまう点です。

それでもお肌への負担は自己処理よりもはるかに軽く、経済的な面でも助かりますね。
自己処理でも美容脱毛でも、ムダ毛に悩む時期の少し前から情報収集して動き始め、処理後にはきちんとクリームでお肌を保護してあげるのも大事なポイントです。